« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

マウスを買い換えた(Logicool M500)

Windows8.1で運用を始めたSH67ですが、先日書いたようにキーボードはRealforce106(東プレ)を繋ぎました。そして、2年間使ったマウスも買い替えることにしました。

選択基準は前回と変わらず
・まずサイズ的にはMサイズ:今までMicrosoftとかLOGICOOLとか割とシッカリしたサイズの物を使ってきたので、最近の国産に多い小さめなのは嫌い。
・接続は勿論「有線」です!マウスは繋ぐだけで確実に使えて欲しい。

で、選んだのがM500 Corded Mouse - ロジクール(写真右)
Img_8162

今までのMicrosoft Comfort Mouse 4500で気になっていた「軽すぎるホイール」についても、M500では本体上のスイッチで「高速スクロール」と「普通のクリック感のあるスクロール」を切り替えることが出来ます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

Apple関係いろいろアップデート

とりあえずMac miniを起動すると「いろいろ出てますよ~」て事で
Apple_01

・OS X Mavericks (Mac mini)
・iTunes 11.1.2 (Mac mini)
・iOS 7.0.3 (iPad mini)

以上を続けてアップデート。全部で約2時間でした。(うち、Mavericksのダウンロードが1時間くらい)特に問題もなく完了です。

Apple_03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(6)

Apple発表会で、どどぉ~ん!と色々出ちゃったので、OS X MavericksとかiOS7.0.3とかもアップデートしなきゃ!ですが、まずはWindows8.1を使えるようにしちゃわないとネ。

なにはなくともメールとブラウザですが、「アカウント設定とかWEBサービスのID/パスワードとか面倒だしぃ」と思っていましたが、Thunderbird、Firefoxはファイルコピーで、まさに!丸っと引っ越し出来ました。アリガタヤ☆
■Thunderbird のメールをWin7 から Win8にまるまる移行・移動・エクスポート
■Mozilla ThunderbirdとFirefoxのデータ移行

そして、「残りのアプリケーションとは徐々に」とか思いましたが新旧PCを並べて置くほど広い家ではないので、仮想への引っ越しに挑戦してみました。新PCにはVMWareが入っていますので、VMware vCenter Converter Standaloneを使ってWindows7 Pro(64bit)を仮想化しました。
■VMware vCenter Converter Standalone のダウンロード: 物理マシンから仮想マシンへ変換 (P2V)
Image

・システムHDD(約100GB)の変換は約25分で完了
・出来上がったファイル(88GB)を移動(コピー)するのに少々時間が掛かりましたが
・VMWare側での調整とかで、トータル4時間ほどで一応動作するようになりました。
・あと、Winodws、Officeのライセンス認証をやり直したり
・キーボードを日本語に変更したりで完了(だと思います)
■VMware Player の Windows XP Mode(モード)の初期設定(インストール)をする: PC Solution

ネットワークは勿論、USBも使えるしOS移行の為の(動作する)バックアップとしては十分過ぎます。フルスクリーンで使えば、今までと変わらないしスゴイぜ!

これでいよいよPC本体を入れ替えです(新/左、旧/右)
Image1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

どどぉ~ん!と出ました。Apple発表会。

思った以上に盛りだくさん。また、想定外で内容は後程じっくり楽しむとして、とりあえず記事をメモっておきます。

■Appleが発表会イベント実施、「iPad Air」やRetinaディスプレイ搭載iPad miniなどを発表 - GIGAZINE
■今日のアップルイベント、GIF画像12枚で超速まとめ : ギズモード・ジャパン
■iPad Air、Retina iPad mini、新型MBP、OS Xまで! アップル新製品発表会をまるっと凝縮まとめ(8:20更新) : ギズモード・ジャパン
■セルラーモデルきた! KDDIとソフトバンク、iPad Airを11月1日、iPad mini Retinaを11月中に発売へ : ギズモード・ジャパン

■アップル、新製品の国内向けハンズオンイベントを実施 ~ Thunderbolt2登場も、現時点では対応周辺機器は不足 - PC Watch
■第5世代は「iPad Air」として登場したiPad ~iPad miniはRetina Displayに刷新 - PC Watch
■Apple、Thunderbolt2搭載のMacBook ProとMac Pro ~新OS XのMavericksは本日より無料提供を開始 - PC Watch

■写真と動画でチェック:軽い!速い!「iPad Air」と「iPad mini Retina」の実機体験リポート (1/3) - ITmedia PC USER

■iPad Air/Nexus7/Surface Pro 2など各種タブレットのスペックを比較するとこうなる - GIGAZINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(5)

とりあえずWindows8.1は動きそうなので、後は地道に必要なものを移行していくわけですが、それは追々やっていくとして、その前にインストールしたのが「Classic Shell」。そうです、やっぱりスタートメニューは必要です。デスクトップPCの場合はネ

Windows8.1対応になっているのは今のところ本家(英語版)の最新版です。
■Classic Shell - Start menu and other Windows enhancements
Classicshell

■Windows8.1のスタートメニューを復活【Classic Shell 編】 pcmanabu
■Windows8.1 でClassic Shell|蜃気楼の果て
■Classic Shell 4.0 スタートメニュー復活|Windows8.1対応 見慣れた


市販ソフトでは、このへんを徹底的(?)にやってくれる物もあるらしい。
■マグノリア、Windows 8.1/8の使い勝手をXPに近付ける「Back to XP for 8」 -INTERNET Watch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(4)

それでは、アップデート前にインストールしておいた以下のソフトについて動作確認といきましょ。

・カスペルスキー2013 マルチプラットフォーム --- 公式対応
■弊社セキュリティ製品のWindows 8.1 対応について
----------------------------------
カスペルスキー インターネット セキュリティ (カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティに含まれるアプリケーション)およびカスペルスキー アンチウイルスの最新プログラム(ビルド:13.0.1.4190)はWindows 8.1に対応しています。
----------------------------------

・Acronis True Image 2013 Plus
■True Image 2013 Plus by Acronis
10/21時点では「8.1」に関する記述はありませんが、基本的な動作に問題はなさそうです。少なくともリカバリは正常動作しました

・CCleaner
動作しているようです。

・Speccy
動作しているようです。

・Microsoft Office Professional 2013
■Microsoft Office Professional 2013
意外にも(?)「8.1」に関する記述はありません。まぁ「Windows 7、Windows 8 以降とのみ互換性があります」に含まれている。と言うか、対応してなきゃお笑いですけどネ。

・プリンタドライバー(PX-105/EPSON) --- 公式対応
■インクジェットプリンター ドライバー Windows(R) 8 32bit版(x86) および 64bit版(x64)、Windows(R) 8.1 32bit版(x86) および 64bit版(x64) 対応表
■インクジェットプリンター・インクジェット複合機 ソフトウェア Windows(R) 8 32bit版(x86) および 64bit版(x64)、Windows(R) 8.1 32bit版(x86) および 64bit版(x64) 対応表

・VMware Player 6 --- 公式対応
■VMware Player 6 リリース ノート
----------------------------------
Windows 8.1 および Windows 8.1 Enterprise、Windows Server 2012 R2、Ubuntu 13.10 および最新の Fedora、CentOS、Red Hat および OpenSUSE の各リリースのサポート。
----------------------------------

※全体的にプレビュー版に比べて明らかに安心してアップデート出来る状況になっているようです。
■Windows 8.1プレビュー版を試してみた(2)


■古田雄介のアキバPickUp!:Windows 8.1発売、アキバでの評判は? (1/4) - ITmedia PC USER
■Windows RTの8.1へのアップデートで不具合発生の可能性 - ITmedia ニュース
■「Windows RT 8.1」、「Windows Store」からのアップデート提供を一時的に停止 - CNET Japan



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(3)

さぁさぁ、三度目の挑戦ですヨ。

まずはローカルアカウントでのアップデート方法をもう一度確認しておきます。
Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする - Microsoft Windows
Image
----------------------------------
ローカル アカウントの使用を続けるには
Windows 8.1 は Microsoft アカウントで使用されるように設計されているため(中略)それでもローカル アカウントを使うことを希望する場合は、[新しいアカウントの作成] を選択し、新しいアカウントのページで、[既存のアカウントを使用] を選択します。
----------------------------------
※この辺りが完全に個人利用を想定しているようで業務用に使用されているXP機の更新を更に難しくしているような気もするのだが...

そして作業時間は更に短くなって(?)約20分で完了。無事にローカルアカウントを生かしたままアップデート出来ました。(結局、前回の失敗は原因不明なままです)

アップデートによってディスクを6GB程使用したようです。エクスプローラでの表示も若干変わりました(ライブラリの項目がPC内に含まれる等)
W81_files

スタート画面はこんな風に変わりました(8/上、8.1/下)
Start_ui


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(2)

では、最初からやり直しです。

・開始から約10分で「再起動」の表示となりました
 (サーバが空いたのか、前回ダウンロードがキャッシュされているのか随分早いです)
・アカウントの設定で[Microsoftアカウントを持っていない]→[新しいアカウント作成]→[既存のアカウント使用]
S008
ここで<次へ>へを選んだところで画面が真っ黒に...10分程待ってみましたが動いていないようなので強制終了。

電源を再投入すると...
S004
S006

原因不明ですがアップデート失敗のようです。ウ~ム


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

Windows8Proを8.1にアップデートしてみた(1)

昨夜(10/17、20時)よりアップデート可能となったWindows8.1ですが、昨夜はかなり混雑した様でもあり、容量が大きい事もあり一夜明けて本日朝から実施しました。
■ASCII.jp:Windows 8まとめページ
■Windows 8特集 - ITmedia PC USER
■日本マイクロソフト、世界で唯一Windows 8.1発売イベントを開催 ~未発表含め8~70型までのWindows 8.1デバイスが一斉展示 - PC Watch
W81_1_01
・開始から約50分で「再起動」の表示となりました(回線は200M/光)
・初期設定でアカウント等を入力し
・「情報の保護にご協力ください」で「コードの受け取り方法」を「***にメールを送信」としました
W81_1_03
・メール受信した「Microsoftアカウントのセキュリティコード」を入力して進みます
開始から約1時間でアップデート完了です

デスクトップでこんな通知がありました。
W81_1_04
「解像度の通知:これは主ディスプレイ・デバイスに最適な解像度ではありません。最高の表示が出来るように、2560×1600を使用することをお勧めします...」て、一体どんな基準でこんな要求を???(勿論、無視しました)

順調にアップデート出来たように思いましたが、ここでWindowsにログインしているのがMicrosoftアカウントである事に気付きました。ワタシは普段ローカルアカウントで使っていますので「じゃ、切替えよ」と思ったらローカルアカウントが無い!?どうやらきれいさっぱりと消されてしまったらしいです。

新規アカウントを作成すると、スタートメニューやデスクトップも新たになってしまい、さてどうしたものか...ここは、スッキリ元に戻しましょ!期せずして、ここでAcronis True Image 2013 Plusのリカバリを動作確認する事になりました。
W81_1_05
ハイ!ちゃんと元のWindows8に戻りました。

けど、どーしましょ?

(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

SH67H3にWindows8Proをインストールした(4)

続いて各ソフトのインストールです。今回は「Windows8.1に備える」事が目的なので、アップデート時にどうなるかを気にしつつソフトを選択しました。(プレビュー版ではかなり厳しい結果↓でしたが)
■Windows 8.1プレビュー版を試してみた

・カスペルスキー2013 マルチプラットフォーム
・Acronis True Image 2013 Plus

・CCleaner
・Speccy

・Microsoft Office Professional 2013

・プリンタドライバー(PX-105/EPSON)

・VMware Player 6
・VMware vCenter Converter Standalone

仮想環境についてはHyper-Vも有効にしてみたのですが、要求が厳しい反面、使い勝手はちょっと...今回は画面表示おかしくなったりで諦めました。
W8_hyperv

・その他、コチラを参考に各種SSD用の設定など
■レッツ! Windows 8 - SSD環境で特殊フォルダーを移動する | マイナビニュース



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

SH67H3にWindows8Proをインストールした(3)

Windows8PROが使えるようになったので、とりあえずパフォーマンスを確認しておきます。
Win8_idx1
まぁ、CPUの世代と省エネタイプである事を考えれば「こんなもの」かと。
また、起動時間は約25秒といったところで「遅い(機器性能が発揮出来ていない)」のか「このM/B、CPUではこんなもの」なのか、ちょっと微妙です。

これで、基本構成は完成ですが、やはり容量的にはSSD(240GB)では不足(NASとか使いますけど)なので、データドライブを増設します。
Img_7985
HDD=WD30EZRX-1TBP/N(WESTERN DIGITAL)
左にあるのは、USB-PS2変換アダプタ(RC-U2MK)です。キーボードは現在使用中のUSBタイプ(Logicoolの安いヤツ)をそのまま使えば良いのですが、XP時代に購入した「ちょっとお高いキーボードRealforce106(東プレ)」が残っているので、せっかくだから繋ごうじゃないかと思って用意しました。

さて、HDDですが「3TB」を使うのは初めてですが、Windows8で64bit版でデータドライブなのでそれほど心配せずに取り付けて起動。「ディスクの管理」を見ると「あれ?無い?」。何か設定が必要かと再度BIOSとかを確認するも、それらしい箇所もなく「おやぁ」と思いながら再起動して、もう一度「ディスクの管理」を見たら、あっさり認識されていて「GPT」を指定。フォーマットして完了です。

事前の情報としてSSD+HDDの組合せにすると、起動時間が遅くなる(HDD並になる)と聞いていたので、確認してみましたが、SSDのみと変わりありませんでした。元が遅いから差が出ないのか、条件によっては起こらない現象だったのか、「変わらないなら、まぁいっか」であえて追及はしていません(笑)

ソフト関係は次回って事で、続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

SH67H3にWindows8Proをインストールした(2)

さて、Windows8のライセンス認証の踏んだり蹴ったりを先に書いてしまいましたが(苦笑)話を戻して今回は機器についてです。最小構成分として新たに用意した物はこんな感じです。
Imgs_7946
・ベアボーンキット=SH67H3(Shuttle)
・CPU=Intel Core i3-3220T
・RAM=DDR3-1333 DIMM 4GB×2(CDF)
・SSD=Intel 335 240GB

ご覧いただいた通り、とっても無難な構成(ウリな部分が何もない?/笑)となっております。現在使用中のWindows7機(自作)も特に不満はありませんが、一応下記のような選択基準で
・静音、省エネ
・よりコンパクトなケース
・(現在よりは)高速で大容量
・面倒は避けたいので実績重視
・もちろん少しでも安い方が良い

■Windows7(RC)の為にPCを自作してみた(1)
■自作PCにWindows7(64bit)をインストールする(2)

組立ですが、ベアボーンキットなので、これまた特に何もありません(笑)
CPU取付の為に冷却ユニットを外したところ
Imgs_7952

部品の取付が完了したところ
Imgs_7969

PC本体の組立があっさり済んで、次は動作確認とWindows8インストールです。そこで用意した物はコチラ(いずれも手元にある物)
Imgs_7950
・Windows8アップグレード版(パッケージ)
・CD/DVDドライブ(今回、本体には光学ドライブを組み込まない為)
・DVI/VGA変換アダプタ(セットアップ用のモニタがVGAの為)

そして、Windows8の件は既に書いた通りで、次は性能確認とかアプリケーションとか。

続く




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

SH67H3にWindows8Proをインストールした(1)

今月に迫ったWindows8.1に備えて新しいPCを準備しました。機器については後日として、今回は「Windows8のライセンス認証で踏んだり蹴ったりの巻」です(苦笑)
■Windows8.1パッケージ版は1万4000円前後で10月18日発売、8からの無料アップデートは17日開始

Img_7974

ワタシはWindows8のインストールは初めてではありません。プレビュー版もPro(32bit)でも経験済みでしたので、まさかこんな事になろうとはっ!災いは忘れた頃にやって来る。まさに!

何度もインストールを繰り返したので、個々の詳しい状況は分からなくなってしまいましたが、発生した現象をメモしておきます。インストールしたのはWindows8PROの64bit。アップグレードパッケージです。

(1)新品SSDに新規インストール→ライセンス=使用不可
※今思えば、ここで更に再度インストール(アップグレード)すれば、一番簡単だったらしい。

ライセンスは後でMSにTELすれば良いだろうと思い、MediaCenterPackの追加を実行したら「これはアップグレード用だよ」とかなんとか。あれ?前はこんな事言われなかったけど?

(2)じゃ、一旦Vistaをインストールしてやるか。で、アップグレードしたら、今度は「32bit環境に64bitは入れられないよ」ですって?(ヲイヲイ)

(3)もう一度、最初に戻って新規インストール(オプションで既存パーティションは削除)→ライセンス=他で使用中
※考えてみたら、最初からこうなるはず。使ったパッケージは前回使用済だから(勿論、前回のPCは使用中止)

ライセンスウィザードで数字を地道に入力するが認証できず、担当者にTELして認証完了。
※ここで本当に完了だったのだが、更に泥沼に突き進むことに...

(4)Windows8PRO(64bit)が認証されたので、MediaCenterPackを追加。実行はしているのだが、延々終わらないので、強制終了。再起動してDVD入れてみたら再生できるので「結果オーライ?」と思ったら、またもやライセンス認証がNGに。

再び担当者にTEL。その答えは-
MediaCenterPackのライセンスは機器に対して与えられる為、機器が変わったら使えません。

え、えっ!?(落ち着け。落ち着け自分。)

正直言ってMediaCenterPackが使えない事は大したことじゃない。まぁDVD/BD再生機能をわざわざ外したのはどうかと思うが、ワタシにはどうって事はない。のだけど...

じゃぁ、このPCはどうすりゃいいわけ?

MediaCenterPackはアンインストールできないし
Windowsとして別バージョンになっている為、Windows8の修復、初期化も出来ない

つまり、正規のパッケージ、ライセンスを使ったら、Windows壊れました。て事なのか?
だったら、何で機能の追加が実行できちゃうんだよっ!?(ライセンス認証のサポートさんに言っても仕方ない事ですが、ここまでの道のりがあったのでついつい言っちゃいました。アナタが悪いのではない事は分かってますよ。ゴメンね。でもねぇ~)

(5)結局、またまたの新規インストールやり直し。すると今回はそのまま素直にライセンス認証できました。(オヨヨ)

まったくWindows8ってヤツはぁ!


■【清水理史の「イニシャルB」】 これから始める「Windows 8」 Part 1:パッケージの種類とアップグレード方法 -INTERNET Watch
■Windows 8 Pro アップグレード版で新しいHDDにクリーンインストール | Jashi's ROOM - 楽天ブログ
■Windows 8 Pro アップグレード版のクリーンインストールとライセンス認証方法 - 翔星 Be ランド日記
■Windows8インストール後に襲う18の地獄(その2): 乙女旅のブログ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

慌ててプリンタ買ってきました。(PX-105/EPSON)

数日前まで何の異常もなく動いていたプリンタ(ix5000/Canon)が突然使えなくなりました。
Ix5000_ng
印刷実行すると「オペレータエラー...」。電源を入れ直したり、ケーブルを付け替えたり、振ったり叩いたり(ヲイヲイ)もしてみましたが、どうやら完全に壊れったぽいです。

そこで慌てて家電店へダッシュ!しかし、どんな機種を選ぶべきか。仕事上の必要性でA3対応のix5000を使っていた訳ですが、今どきのA3機の予備知識が全くないし...とりあえず値段優先でA4機にしておこうか。

■キヤノン:Q&A検索|【インクジェットプリンター】PIXUS iX5000機種仕様

店頭には激安機もあったのですが、店員さん曰く「旧モデルですし、インクがカラー一体型でランニングコストが高いですよ」。う~んインクカートリッジ1個で本体代ってのは流石になぁ~。そこで店員さんに次点候補を伺うと「こちら(PX-105/EPSON)なら、ランニングコストも安いし、WiFi対応ですよ」と。

■A4インクジェットプリンター PX-105|ビジネスインクジェット|製品情報|エプソン

機種を決定した後で気付いたのですが、ix5000はプリンタサーバと組み合わせており、プリンタ本体だけを購入しても既存環境は復活出来ないので、LAN対応のPX-105は正解でした。

<写真>上がPX-105、下がix5000
Image

今後改めてA3機が必要になるかどうか分かりませんが、PX-105はA3→A4縮小が可能なので当面はなんとかなりそうです。いやぁ~それにしても「さぁ印刷」て時にこんな事があると焦るぅ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »