« CD「2nd Mini Album:Pretty Girl/KARA」を買った | トップページ | KARA 写真 Twitter »

2012年2月 2日 (木)

dynabookはどこまで再利用できるか(その7)

タイトルの「dynabook」は姿なく、内容はすっかり「XS35GTV2」になっている件はさておき(苦笑)やはり熱対策は気になったのでファンを取り付けてみました。
Img_4238

当初用意した物はこんな感じでしたが
Img_4220
・ケース用ファン120mm(静音タイプ):Ainex | CFY-120シリーズ
・ファン用USB電源変換ケーブル:Ainex | CA-010
・ファンガード:Ainex | CFGシリーズ

実際にXS35にUSB接続してみたら自力では駆動できず!指で弾いてやれば回り始めるのですが、ファンを剥き出しにしておくのもなんだし、忘れて回っていないと悲しいしでコレは諦め、改めて手持ちの80mmファンを試してみました。
・同メーカのAinex | CFY-80シリーズは、同様に自力では駆動できず。
山洋電気のSan Cooler 80(9A0812H409)は自力で回ってくれました。
002

結局はコチラ様と同様に「山洋電気なら大丈夫」という結果になりました。最初から手持ち品を調べればよかったのですが「120mmにしたい」のを優先したもので...

とにかくファンは付きましたが肝心の効果はどうなんでしょう?希望の120mmでは80mmになった点も気になりますが、ファンレスで70℃程になっていたものが「40~45℃程度」に抑えられているようで、ファンによる冷却効果は間違いなくあります!(ひと安心)USB接続(ファン的には電圧不足)な事もあり動作音もほとんどしません。

今回はファンを固定するのに「ステンなべ小ねじ M40×30」を、本体通気口を通して使いました。
Img_4227
この時、ねじの頭を本体内にしたのですが、本体内部の隙間に合わせてねじの位置を決めないと部品に当たってしまう状態でしたので、120mmの場合は取付け位置や方法がより厳しい事になっていたと思います。

まぁ今回は全て結果オーライという事で(笑)


|

« CD「2nd Mini Album:Pretty Girl/KARA」を買った | トップページ | KARA 写真 Twitter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/53883399

この記事へのトラックバック一覧です: dynabookはどこまで再利用できるか(その7):

« CD「2nd Mini Album:Pretty Girl/KARA」を買った | トップページ | KARA 写真 Twitter »