« dynabookはどこまで再利用できるか(その1) | トップページ | dynabookはどこまで再利用できるか(その3) »

2011年12月30日 (金)

dynabookはどこまで再利用できるか(その2)

分解した中でパーツ扱いできそうな物はこんな感じです。
S006
・液晶パネル
・DVDスーパーマルチドライブ (UJ-850/Panasonic)
・HDD(120GB) (HTS541612J9SA00/HITACHI)
・メモリー (1G DDR2-667MHz-CL5)
・メモリー (512MB PC2-5300S-555-12-A3/SAMSUNG)
・無線LANカード (AR5BXB61)
・ACアダプタ (PA-1750-04/TOSHIBA)

さて、どれをどう再利用するか?ですが、基本となるのは「DVDドライブ」「HDD」「メモリー」になると思います。ここで、仕様的にポイント(ネック?)になったのが「メモリー(DDR2 SO-DIMM)」でした。

今回の基本方針
・とにかく追加出費は抑えて (使える物は使う)
・できるだけ小型に仕上げる (元はノートPC、必要で用意するPCでもないので)
・性能は二の次(やむなし) (特に使用目的、用途が決まっていない)

こんな感じで、なんとなく「mini-ITX」「ATOM(オンボード)」のマザーボードって事で探し始めたのですが、DDR2 SO-DIMM対応品がない!と言うか、既に時代はDDR3に移っていて現在入手可能な物がほとんど見当たりませんでした。

その中でようやく見つけたのが「MI-ION2(Giada)」です。
・DDR2 SO-DIMM対応
・D525+ION2搭載で、ATOMとしては性能もちょっと上を期待できそう。
・超薄型設計なので、ケースの制約は少ないと思う。
・ACアダプター同梱なので、電源ユニットを別に用意しなくて済む。

これに、PCケース「NT-MC200I/AL80SL」を組合わせようと(費用的には合計で28千円程で、ちょっと高いと思いましたが選択の余地もないので)決めたのですが、「MI-ION2」は思った以上に入手困難な状態で、結局は計画変更を迫られる事に!

<寄り道>
パーツの価値(と言うか、高価そうな物)としては、液晶パネルの再利用(単体のディスプレイとして復活)に挑戦してみたいと思ったのですが、経験もなく本機がはたして再利用可能なのかどうかも分からず、とりあえず今のところは本体再生に注力しています。どなたか情報をお持ちでしたら教えて頂けると嬉しいです。

|

« dynabookはどこまで再利用できるか(その1) | トップページ | dynabookはどこまで再利用できるか(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/53609121

この記事へのトラックバック一覧です: dynabookはどこまで再利用できるか(その2):

« dynabookはどこまで再利用できるか(その1) | トップページ | dynabookはどこまで再利用できるか(その3) »