« 充電とかバッテリーとか | トップページ | おすすめ水:い・ろ・は・す みかん »

2011年11月 1日 (火)

北杜夫さん死去

■重厚な純文学と、ユーモア作品が同居

去る10/24「どくとるマンボウ」こと北杜夫氏が亡くなられた。(北 杜夫-Wikipedia)

小学生高学年の頃だろうか亡姉の薦めで「文庫」というものを読み始めるきっかけとなったのが「どくとるマンボウ航海記」だったと記憶する。

その後も「何か読んでみたい」と思うたびに北杜夫氏の本を手にしてきた。その中で「躁うつ病」などと言う言葉にも出会ったしたわけだ。

最初のうちはどくとるマンボウシリーズのような軽い?楽しいものを選んで読んでいたが、そこから真面目な?作品にも手を出すようになり「神々の消えた土地」などはかなり印象深い思い出がある。

訃報を聞き、再び書店で「北杜夫」の棚を眺めてみようと思った次第である。


|

« 充電とかバッテリーとか | トップページ | おすすめ水:い・ろ・は・す みかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/53137738

この記事へのトラックバック一覧です: 北杜夫さん死去:

« 充電とかバッテリーとか | トップページ | おすすめ水:い・ろ・は・す みかん »