« 改めて「原発」を考えてみる | トップページ | ノートン インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »

2011年9月12日 (月)

ソーラーランタン Solar Cubic A-1を使ってみた 

先日の「気になる:ソーラー充電ランタン」で取り上げた「ソーラーランタンSolar Cubic(ソーラー・キュービック)A-1/富士通ビー・エス・シー製」を購入しました。
Simg_3497

意外と置き場所に悩みます

名前の通りソーラー発電ですから「太陽光」が必要ですが、室内でまとまった時間直射日光が当たる場所って案外ないです。そして、実際に置くとちょっと大きい(EeePC901Xの隣だと更に大きく見えます/笑)。ソーラーパネルを上にすると、当然ながら上に物を載せる事は出来ない。しかも、今夏は「節電」を意識して日光を避けるようにさえしている訳で、悩みます。
Simg_3523


携帯への充電はケーブルに注意

まぁとりあえず本体に太陽光で充電をしたら、携帯へ充電してみました。とりあえず手元にあった「携帯電話データバックアップソフト 携帯シンク for Mac 6」に添付の「充電機能付きau WIN専用ケーブル」を使ってみましたが、充電できません。

調べてみると、データ転送用ケーブルでは接続相手(PC)が応答しないとUSB給電を行わないようになっているそうです。そこで信号線が無効になっているケーブルを使う必要があるとのこと。早速、100円ショップで購入したのがコレ。
S007

店頭には「転送/充電」用と「充電」のみの2種類が売られていますが、あまり細かな説明はありません。おそらくは「充電のみ」を購入すれば問題ないと思いますが、コレは「データ転送には使用できません」と明記がありました。

これで携帯への充電も確認出来ました。充電時間等細かい事はチェックしていません。


ランタンとしての機能は豊富だが

明るさは4段階に切り替えができます。明るさによって点灯時間も変化(8~44時間)します。また、発光面も4面を各種組み合わせる事が出来ます。

希望を言えば、設定を記憶で出来れば更に便利だと思います。


最後に自分の調査不足ではありますが、残念な点をひとつ。本機は防水仕様ではありません

これは、直射日光を求めて屋外に置くが出来ない。とか、災害時等、持ち出しての使用においてかなりの制約になり、次期製品(が出るなら)是非とも防水仕様は検討して欲しいと思います。

現在、窓際に専用の置き場所を確保しましたが、すりガラス越しではソーラー発電の効率がかなり低下してしまうので、置き場所については引き続き悩みそうです(苦笑)
S011


|

« 改めて「原発」を考えてみる | トップページ | ノートン インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/52710699

この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーランタン Solar Cubic A-1を使ってみた :

« 改めて「原発」を考えてみる | トップページ | ノートン インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »