« ウィルスバスター2012クラウドをインストールしてみた | トップページ | 改めて「原発」を考えてみる »

2011年9月10日 (土)

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた

前回の「ウィルスバスター2012」に続き、9/9に発売された「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012」の試用版をインストールしてみました。
対象のPCは現在「Microsoft Security Essentials」使用中の自作PC(Windows7 Professional 64bit)です。

「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012」は、実際の製品としては「カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティー」として提供されるそうです。

無償試用版ダウンロード|カスペルスキーストア
Ka1

インストールを実行すると、途中で「Microsoft Security Essentials」の削除も行われます。
Ka2

今回再起動後、Windowsのデスクトップ表示前にカスペルスキーのメッセージが表示されて、少々「ドキ」としましたが、しばらくして通常のデスクトップに戻って「ひと安心」です。
Ka3

メイン画面は「2011」からイメージも少々変わっています(個人的には柔らかいイメージかと)。また、標準でガジェットが表示されるようです。
Ka4
Ka5



|

« ウィルスバスター2012クラウドをインストールしてみた | トップページ | 改めて「原発」を考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/52694566

この記事へのトラックバック一覧です: カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた:

« ウィルスバスター2012クラウドをインストールしてみた | トップページ | 改めて「原発」を考えてみる »