« 気になる:ソーラー充電ランタン | トップページ | カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »

2011年9月 9日 (金)

ウィルスバスター2012クラウドをインストールしてみた

ウィルスバスター最新版「2012クラウド」(トレンドマイクロ)が発売されたのでインストールしてみました。
実際には現在「2010」使用中のEeePC901(WindowsXP)でバージョンアップを行いました。

ヘルプにあった「ウィルスバスター2011へのバージョンアップ」を選ぶと、既にリンク先は「2012」になっていました。
Vb20121

インストールを開始すると「古いIEを使用するとパフォーマンスに影響する」旨のメッセージが表示されます。そのまま続行しましたが、ファイルダウンロード後に強制的に中止されてしまいました。
Vb20122

今回のEeePCはIE6でした。ウィルスバスター2011の時はインストール自体は実行できましたが「2012」は(少なくとも)IE6ではダメなようです。

IEのダウンロードページで「IE7」を選択しましたが、リンク先は「IE8」(XPだから?)でした。とにかくIE8をインストール後に改めてウィルスバスターをインストール。

既存の「2010」を削除した後に「2012」がインストールされます。
作業は「2011」と特に変わりなく、また「2012」自体も見た目に変わったところはありません。
Vb20123jpg

結果、気安く作業を始めてしまいましたが、完了まではおよそ1時間半かかりました。

ウィルスバスターについては前バージョン(2011)で「クラウド」を前面に出して良くも悪くも話題になりましたが、幸い自分のところでは2010/XP、2011/7、2010/Macのいずれも問題なく運用出来ていたので、今回は早めに2012を試す事にしました。



|

« 気になる:ソーラー充電ランタン | トップページ | カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/52687800

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルスバスター2012クラウドをインストールしてみた:

« 気になる:ソーラー充電ランタン | トップページ | カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012 をインストールしてみた »