« おすすめ本:KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」 | トップページ | おすすめDVD:The Making of URAKARA »

2011年7月 6日 (水)

コージーミステリ:黒猫ルーイとおてんば探偵

いきなりですが結果を言ってしまうと「残念な1冊」でした(勿論、ごく個人的な感想ですよ)今回はAmazonのおすすめメールにのっかってみたのですがハズレちゃいました。

とにかく無駄に頁数が多い、本質的には脇役だが文章的には主役の「赤毛のお嬢さん」がどうにも好きになれないというか、とってもイヤな奴だと思うのですが(これは五十近いおじさんの感覚だから?若い方、あるいは主たる読者層と思われる女性、それともアメリカではウケるキャラなんでしょうか?)

まぁクライマックスの黒猫ルーイの活躍はそれなりに楽しめましたが、事件解決の後がまた長い。だらだら時間潰しに読むのには良いのかも...


気を取り直してもう1冊「ディミティおばさま幽霊屋敷に行く」ですが、こちらもシリーズもので以前にも書いています
今回は最初主人公の挙動に違和感があったのですが、最後に「あーなるほどー」恐れ入りましたの驚き。ワタシ的には手堅いシリーズです。お奨め☆


|

« おすすめ本:KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」 | トップページ | おすすめDVD:The Making of URAKARA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/52135742

この記事へのトラックバック一覧です: コージーミステリ:黒猫ルーイとおてんば探偵:

« おすすめ本:KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」 | トップページ | おすすめDVD:The Making of URAKARA »