« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月25日 (月)

Mac OS X Lion をインストールした

Lion はオンラインのみでの提供になったので、所要時間がやや心配でした。
結局、トータル約4時間半かかりました。内訳はこんな感じで...

対象Mac
・Mac mini Early 2009
・Core 2 Duo 2GHz
・RAM 2GB

ダウンロードに約2時間(ADSL5M)

インストールに約50分(インストール開始時の表示では「約33分」でしたが)

その後、ソフトウェアアップデートとかあって、TimeMachineがバックアップを始めると延々(1時間半くらい)やっていました。


時間はそれなりに掛かりましたが、特に問題もなく完了しました。
今回はインストールしただけで、「Mission Control」とか動かしてみたものの、やっぱりマウスじゃな~Trackpadが欲しい!!


OSのアップグレードもApp Storeでって、思えば世の中随分と変化したものです(シミジミ)


“普段使いのMac”を方向付けるOS X Lionの新機能

Lion_in_mac


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

とりあえず Lion を撫でてみた

お久しぶりにMacネタです(^^;

Mac OS の新版「Lion」ですが、早速試した方々の間では賛否両論あるようですが(話題になっていた分、ガッカリコメントが多いような気がしますが)、とりあえず撫でて来ました。

アップル - OS X Lion - 世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステム。

「OS X Lion」、発売初日に100万ダウンロード突破――Apple発表
お使いのソフトや周辺機種はMac OS X Lionに対応してますか?

アップル、「OS X Lion」のダウンロード販売を開始
OS X Lionが切り拓く未来のコンピューティング


最寄の家電量販店のMacコーナーでは展示Macは皆Lionさんに変わっているようでした。
特別な予備知識はないままに「とにかくiPhone風になったらしい」ので、iMacのトラックパッドをナデナデ...

デスクトップ自体に大きな変化はないので最初はどうして良いかちょっと考えましたが、Mission ControlとかSafariなどを、ナデナデ...なるほどーiPhone風だ(と言うか、ワタシ的にはiPod touch風ですが)慣れれば、アプリケーションによってはマウスより快適かも~

LionさんはMac App Storeにて2600円ナリ。とりあえずiTunes Card 3000を購入(怖くてクレジットカード登録してないので)。

そして、まいまっくはminiなので、トラックパッドが無いとダメなんだよなー(でも今日は見送り)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

FAXを買い換えた:BROTHER FAX-210

感熱式ファクシミリを探してみました。何故「感熱式」かと言えば、とにかく楽(記録紙さえ放り込んでおけば良い)、ランニングコストが安い、熱転写式のリボンて受信内容がそのまま残っていて何となくイヤ等々の理由で、今回は感熱式。

ところが機種が少ない!

(1)Panasonic KX-PW211DL
A4送受信、オートカッターなし、自動給紙なし、コードレス子機(1台)付き

(2)BROTHER FAX-210
A4送受信、オートカッター、自動給紙(10枚)、コードレス機能なし、留守電機能なし

(3)SANYO SFX-DK13TA
B4送受信、、自動給紙(5枚)、メモリー代行受信(125枚)、コードレス子機(1台)付きモデルありSFX-DK13

機能的にはSFX-DK13(SANYO)が魅力的ですが、今回は圧倒的な価格の魅力でFAX-210(BROTHER)に決定!この価格で当分ちゃんと動いてくれれば満足です。

最近はPC用プリンタと合わせて複合機という選択肢もあるとは思いますが、ワタシの場合はプリンタはA3印刷が必要なために別購入としています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

古いPCはLinuxで甦るのか?

姪っ子に新しいノートPCをプレゼントしたので、古いPC(PC-CB1-CD/SHARP)が帰って来ました。

さて、コイツを今更XP(Home)で使う場面もなく、せっかくなので良く言われるように「古いPCをLinuxで再利用しよう」と思ったわけです。

本機は一応メモリだけは768MBに増設してありますが、とにかく「小型軽量」重視でLinux探し開始です。
ちなみにLinuxの経験は以前「Fedora(多分7)」をインストールした事がある程度の(ほぼ)初心者です。

(1)まず、軽い事で有名?なPuppy Linux 日本語版
  試したバージョンは「431jp」

CDから起動は出来るものの、マウスポインタが画面の左上から水平垂直共に2/3程度の範囲しか移動できず、更にクリックしても画面上に見えている場所とズレた場所をポイントしてしまいます。

何度か画面解像度の指定を変えたりしてやり直してみましたが変わらず。キーボード操作のみで無理やりHDDへのインストールを実行してみましたが、起動出来ず。

マウスについては機器仕様の問題?起動は多分私が説明を十分に理解出来ていない事が原因でしょう。→結果「断念」


(2)更に軽量らしい(但し内容も簡素?)Tiny Core Linux 日本語版
  試したバージョンは「3.4-jp-base」

正直これについては素人が理解できるような解説は見つける事ができませんでした。
CDから起動てアレコレさわっていると「Control Panel」の中に「HD/USB Install」と言うボタンがあったので実行してみる。

ターミナルウィンドウ(と呼ぶのか分からないが)に英文で「どこからブートするか?」みたいなメッセージが出るので「HDD」を選んでみたがエラーらしい(結局、英文が分からないので/苦笑)

HDDのパーティションとかフォーマットとかが原因、そんな感じがするが...→結果「断念」


(3)ならば実績重視でUbuntu 日本語版
  試したバージョンは「日本語Remix 11.04」「同10.10」「9.10」

CDで起動できる事を確認して、HDDへのインストール実行。流石に分かりやすく、丁寧に作られている感じでほとんど悩むことなく作業は進むが、一通りの入力項目を入れて後はファイルコピーを待つだけの段階でフリーズ!

どのバージョンでも同様にファイルのコピー中にフリーズ(マウスポインタも動かせない)!
PC側の問題かと思い、HDDやメモリーチェックもしてみたが異常はなく。インストールではHDD全体をLinux用に使用するよう指定しているし...

実は「11.04/10.10」はisoファイルをダウンロードして使用したが、自分の作ったCDが悪いのかと思い「9.10」は雑誌(Ubuntu120%―誰でも使える超簡単OS /メディアボーイMOOK ビギナーズPC)付録を使用したが同じだった。

こうなるとPC固有の問題だろうか?→結果「断念」


以上、今回は古いノートPCをLinuxで甦らせることは出来なかったが、素人がいきなり挑戦するとこうなるのでしょう。いずれ、もう少し勉強してから再挑戦してみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

おすすめ本:小惑星探査機「はやぶさ」の超技術

最近の科学・技術系の話題と言えば最後のスペースシャトルでしょうか。日本ではスパコン「京」が世界一になったとか?

スペースシャトル「アトランティス」打ち上げ、天候が最大の懸念

個人的には、1年以上前に地球帰還を果たした「はやぶさ」がまだまだソソラレます(^^)

はやぶさ関係の本は「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」や「探査機はやぶさ7年の全軌跡―世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ」なども既に読みましたが、今回取り上げる「小惑星探査機「はやぶさ」の超技術」は、地球帰還までの感動のドラマといった視点ではなく、はやぶさ自体を構成また地球帰還を支えた部品・技術・運用を個々に取り上げて解説しています。

かと言って、特別な専門知識などは必要なく少し技術的な事に興味があれば、それなりに楽しむことが出来ます。

ついついパワー競争のスパコンとか、一向に収束の気配が感じられない原発事故対応と比べてしまったりしますが、日本が目指すべきと言うか「日本ならではの世界初・世界一とは?」みたいな事もちょっと考えさせられるような気もします。

小惑星探査機「はやぶさ」から学ぶ事はまだまだありそうです☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

おすすめDVD:The Making of URAKARA

日本で一番有名なファンは芦田愛菜ちゃん?なKARAですが、再スタートでもダッシュ!を決めたようです。

芦田愛菜、憧れのKARAと初共演!一緒にヒップダンス披露も ニュース-ORICON STYLE-
KARA、海外女性歌手史上初の快挙 シングル2作連続初週10万枚突破 (KARA) ニュース-ORICON STYLE-

KARA、海外グループ初のドラマDVD総合TOP10 (KARA) ニュース-ORICON STYLE-

以前に気になるDVDとして、ここにも書いた「メイキング オブ URAKARA」。入手してからも流していましたが、売れているらしいです。

これだけ書いておいてナンですが、メイキングDVDてそんなに売れるのぉ?

まぁURAKARAは、例の騒動の最中に収録・放送された点も外せないポイントではあります。同DVDでも最後の個別コメントには、そのあたりの事情も見え隠れ...2号サンの中身とか苦労とかも面白かったです☆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

コージーミステリ:黒猫ルーイとおてんば探偵

いきなりですが結果を言ってしまうと「残念な1冊」でした(勿論、ごく個人的な感想ですよ)今回はAmazonのおすすめメールにのっかってみたのですがハズレちゃいました。

とにかく無駄に頁数が多い、本質的には脇役だが文章的には主役の「赤毛のお嬢さん」がどうにも好きになれないというか、とってもイヤな奴だと思うのですが(これは五十近いおじさんの感覚だから?若い方、あるいは主たる読者層と思われる女性、それともアメリカではウケるキャラなんでしょうか?)

まぁクライマックスの黒猫ルーイの活躍はそれなりに楽しめましたが、事件解決の後がまた長い。だらだら時間潰しに読むのには良いのかも...


気を取り直してもう1冊「ディミティおばさま幽霊屋敷に行く」ですが、こちらもシリーズもので以前にも書いています
今回は最初主人公の挙動に違和感があったのですが、最後に「あーなるほどー」恐れ入りましたの驚き。ワタシ的には手堅いシリーズです。お奨め☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

おすすめ本:KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」

Img_3260

注文しておいた、CD「GO GO サマー!(初回限定盤A)」、DVD「メイキング・オブ URAKARA」そして本「KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」」が届きました。

さて本「KARA、少女時代に見る「韓国の強さ」」ですが、著者が「エッセイ」と言っているようにアイドル解説本でもなければ、ましてや暴露本でもありません。特定芸能人のネタを期待するとガッカリしちゃうかも。

人生の半分を日本で暮らす韓国人の著者が思う「韓国と日本の違い」が語られていますが、サラッと一気に読めてしまいます。

政治とか難しい話は置いといて、韓流ドラマやK-POPに興味があって「もうチョット韓国について知りたい」とか「どうして韓国(人)は...」などと思ったことがある方には面白く読めると思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »