« 古いPCはLinuxで甦るのか? | トップページ | とりあえず Lion を撫でてみた »

2011年7月11日 (月)

FAXを買い換えた:BROTHER FAX-210

感熱式ファクシミリを探してみました。何故「感熱式」かと言えば、とにかく楽(記録紙さえ放り込んでおけば良い)、ランニングコストが安い、熱転写式のリボンて受信内容がそのまま残っていて何となくイヤ等々の理由で、今回は感熱式。

ところが機種が少ない!

(1)Panasonic KX-PW211DL
A4送受信、オートカッターなし、自動給紙なし、コードレス子機(1台)付き

(2)BROTHER FAX-210
A4送受信、オートカッター、自動給紙(10枚)、コードレス機能なし、留守電機能なし

(3)SANYO SFX-DK13TA
B4送受信、、自動給紙(5枚)、メモリー代行受信(125枚)、コードレス子機(1台)付きモデルありSFX-DK13

機能的にはSFX-DK13(SANYO)が魅力的ですが、今回は圧倒的な価格の魅力でFAX-210(BROTHER)に決定!この価格で当分ちゃんと動いてくれれば満足です。

最近はPC用プリンタと合わせて複合機という選択肢もあるとは思いますが、ワタシの場合はプリンタはA3印刷が必要なために別購入としています。



|

« 古いPCはLinuxで甦るのか? | トップページ | とりあえず Lion を撫でてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/52178135

この記事へのトラックバック一覧です: FAXを買い換えた:BROTHER FAX-210:

« 古いPCはLinuxで甦るのか? | トップページ | とりあえず Lion を撫でてみた »