« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

データも大掃除...の筈だったのに(NAS)

今まで使っていたNASは容量120GB(今やPC本体HDDよりはるかに少ない!)、さらにMac OS X Snow Leopardの日本語ファイル名が完全文字化け(てか文字にもならない!)と言うわけで、新たなNASを探すことにしました。

条件は大体こんな(↓)感じ
・Win(もちろん7もね)/Mac(Snow Leopar)対応
・容量1TB以上
・RAID(5/6なら文句ないが、まぁ1{ミラーリング}できれば良い)
・アクセス制限(フォルダ単位でユーザまたはグループで制限したい)
・エコ(省電力で静かな方が良い)

そんなところに新製品LS-WXL/R1シリーズが、セールスポイントは「最大40MB/sの高速転送が可能」らしい。価格もそこそこで即決定。さぁ、データを整理するぞー!

と、ここまでは勢い良かったんですが...アクセス制限の設定でデッドエ~ンド!!

まずマニュアルがない!まぁオンラインマニュアルになるのだが、WEB上なのでインターネットがないと見ることができない、更にはダウンロードができない。必要な個所を印刷する事になるのだが、リンクだらけな上に(印刷物としての)頁は考慮されていないので、う~~~イラつく!!!

それでもアレコレと設定してみたのだが、どうも思うような状態にならない。サポートにも問い合わせてみたが、マニュアル以上の情報は得られず。結局、完全フリーな共有HDDで年を越します。

せめて分かりやすい設定事例があれば、仕様通りに動いているのかくらい確認できるんだが...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

EeePC901-Xで正式11nを試してみた

伝送速度が速く、障害物に強いと言う「IEEE802.11n」規格に正式対応した無線LANルータ「CG-WLR300NM」を試す機会を得たので、ドラフト版2.0準拠のEeePC901-Xをつないでみました。

コレガのCG-WLR300NMは「小さい・手軽・ハイパワー」「壁・障害物で電波が届きにくかった場所でも!!」そして「電波・通信がつながらなかったらコレガが直接"返品・返金"受付いたします」と言うので大いに期待してみよう♪

比較したのは以前から実際に使用しているバッファローのビジネス向けHighPowerスマートモデル(ブリッジタイプ) WAPS-HP-AM54G54。こいつはでっかい角が2本もはえてる(?)ごつい奴です。

狭い我が家をウロウロしてみた結果がこちらです。
フリーソフト「inSSIDer

まず、両機が設置してある2Fの部屋内。当然どちらも強力。
赤いグラフが11n(65Mbps/CG-WLR300NM)、緑が11g(54Mbps/WAPS-HP-AM54G54)
Near

そして、対角線で最も遠くなる1Fでは
緑のグラフが11n(19.5Mbps/CG-WLR300NM)、赤が11g(36Mbps/WAPS-HP-AM54G54)
Far

おっと、意外な結果が...

この結果がそれぞれの機種による差なのか、規格(特性)によるものかは断言できませんが、少なくともEeePC901-Xで使う限りにおいては、明らかな「11nの優位」は確認できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

PC誌相次ぎ休刊---悲しい現実

『ネトラン』『PCJapan』が休刊 ネット黎明期の終わり告げる(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

さまざまな雑誌が出ては消えするのはいつの時代も同じだろうが、PC雑誌はたぶん今後増えることがなさそうな気配が悲しいな。

たしかに「PCの使い方もネットで検索するようになったのが原因」というのは分からないでもないが、「そのネットに繋がらない時に調べたいんだよ~」とかあるので、紙媒体が減っていくのは残念です。

最近も機器セットアップの際に、マニュアル(当然、電子化になっている)を見ようと思ったら「インターンネットに繋げ」となって作業が中断してしまった。しかも某B社のマニュアルはPDFとかでファイルがダウンロードできないので繋ぎっぱなしの環境が近くにないと効率悪くてどーしょーもない!

まぁ時代の流れといってはそれまでですが、きっと代わる「ナニカ」が出てくるのでしょう(出てきてお願い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

Office2010の発売は2010年6月の予定

office2010βが公開されたので、さっそく「office2010βを入れてみた」訳ですが、発売時期は「2010年前半」とされていましたが、どうやら「2010年6月」になりそうです。

基本はver.2007と同様のようで、互換性(少なくとも2007→2010について)は心配なさそうです。

リボンUIも変更があり特別な理由がなければ2007を飛ばして2010で良いかも。(なんだか、Vistaを飛ばしてXP→7で良いかも。みたいな/苦笑)

Acces2010を中心にみていますが、「マクロ」のデザイン画面が一変してしまったのには驚き!と不満が!
いわゆるプログラマーさん達には見慣れた印象かもしれませんが、それならモジュール(VBA)の立場は?マクロはマクロらしくあれ!と思うのは私だけ??

まぁ何となく「Accessでプログラムするなら、SQLserver+VBでやれよ」と言うMSの脅し(?)が見えるような...
ただ、内容的には大きな変更はなく、あくまで「見た目を変えてみた」ようですが、ユーザさんはどのような評価をするのでしょう。楽しみです。


Microsoft、『Office 2010』の一般発売を2010年6月に予定 -MSNデジタルライフ

『Office2010』の全貌を一挙に解説! -MSNデジタルライフ


Office 2010β版、2週間で100万ダウンロード - ITmedia News

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »