« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

Windows7(RC)の為にPCを自作してみた(1)

Windows7がなんだか使えそうな感じなので、とりあえずのインストール試験だけではなく、ちゃんと(日々)使えるPCを用意しようと思い立ち、とりあえず揃えてみたのがこれだ。

Part4w7

・CPU=Core 2 Duo E7400 (Intel)
・M/B=P5QL-EM (ASUS)
・RAM=DDR2-800 PC2-6400 240pin DIMM 1GBx2 (UMAX)
・HDD=HDT721032SLA360 (Hitachi)

今回、コストパフォーマンスは勿論、「これ以上、箱を増やしたくない」と思いましたので、ケースはサーバ機のExpress5800/110Ge(NEC)を使いました。

さすがにサーバ機ですから正直「デカイ!」です。が、最初はもう少し小さいミニタワーに入れようと思ったのですが、「P5QL-EM」てヤツはイヤな場所に電源、IDE、SATA等のコネクタがあり、なにかと面倒なことになりそうだったので...

Case


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

ネットブックは定着するか?

昨年「5万円PC」とか言った呼ばれ方で、ある種ブームになった感じのネットブックだったが、国内大手が「様子見」する中、実際にかなり売れたようだ。

今年に入って大手が参入し、またネットトップも遅ればせながら話題になったりするようで、パソコンのカテゴリーとして定着しそうである。

また、今までは仕様も値段も似たり寄ったりだったものが、デザインだけでなく様々な工夫を凝らした製品が出始め、ますます楽しみなネットブック/トップである。とにかく安いところが手が出しやすい。と言うか、つい手を出してしまう(苦笑)


Netbook、一番人気のブランドは○○

エイサー、11.6型WXGA液晶で1.2kgのAspire oneを6月発売 ~NVIDIA ION採用のネットトップAspireRevoも

「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」はNetbookを新たな次元に引き上げるか?

低消費電力でパフォーマンスが向上した「次世代Atomプロセッサ」を搭載した低価格ミニノートが登場へ


そして、やっぱり出たな(笑)
ソニー、Windows XP搭載の「VAIO type P」エントリーモデル ~最小構成で67,800円

Z550+256GバイトSSDもテスト:待望のXP搭載「VAIO type P」を徹底検証する (1/5) - ITmedia D PC USER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

サーバが壊れた!

サーバ機(HP ML115G5)が故障し、サポートと少々ゴタゴタがあったのでここに記録しておこうと思う。

症状は、起動途中あるいはWindowsが起動出来ても突然に電源断してしまうもの。

●半年経たずに機器故障。これって不良品?
少しでも高い信頼性、安心を期待してサーバ機を買っているので、これはとにかくガッカリだ。

●結局LEDあるの?ないの?
電話での診断にあったM/BやHDDのLED。一人目のサービスマンによれば「この機種にはない」と言い。二人目は「ある」と言う。エラーなら赤くと言う事だが、今回はその状態が確認できなかったので、実際はどっちなのか不明(不安?)なままだ。

●サービスマンの質はどうなんだ?
とにかく現地にやって来るサービスマン。「HPの正社員じゃない」て、そんな事はこっちも承知だ!だが、それは言っちゃダメだろ。ナ?!ボス(?)からの指示が怪しいなら、それ正さないと。

●何故にそこまで絞り込む?
電話での診断時から「原因はM/Bか電源」と可能性を把握できていたのに、「では両方用意してきたら?」と提案もしたのに、何故か1点に絞りたがったのは?結果的には時間(業務も止まったし)と手間と、ゴタゴタなやりとりがかかってしまった訳で...

まぁ、サポートに電話はちゃんとつながるし、話をすれば分かってもくれるので、対応にはそれなりに満足はしているものの、それだけに「効率よく復旧する」ために、「もうちょっとうまくやれるのでは?」と思った訳で...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

VBを勉強し直そう!

Windows7が、どうやら「本当に」使えそうなので、さてさて本格的に何をやってみようかと考えてみると。
て言うか7βでは行き詰っていたVB2008を早速チャレンジ!

失業後、業界の方々に伺うと「これからなら、やっぱ.NETかな」な感じなので、何年かぶりに再びVBを勉強し直す事に...

VBはVer.5/6時代に少々やっていたのですが、.NET版に大幅変更の際に「こりゃついていかれへん!」と諦めたわけだが...

さあっ気合を入れ直し、参考書も用意して、れっつインストール!VB2008にはSQLserverが付いてくる!!

Vb01_2

途中「互換性の問題」表示が出るも、そのまま実行を継続し
Vb02

無事にインストール完了
Vb03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

Windows7 RC を試す(2)

Windows7RCを起動してみての印象は、「ちゃんと動く」(苦笑)

7βの時に比べて明らかに完成度が高く、ハードウェアはすべて認識されているし、画面解像度も最適に設定されています。

基本動作もIE8やアクセサリ類も問題く使えますし、各種メッセージ等の日本語化もかなり進んでいて「このままで使えるじゃん?!」と思わせます。

いくつかフリーのソフト(GOM Player、avast!Antivirus等)のインストール、動作も問題ありません。

7βでは(何故か)失敗した、Visual Basic 2008 Express Edition/SQL server 2008 Express Editionも無事にインストールできました。(途中何回かの注意表示が出たりします。実行確認はまだですが/詳細は後日...)


とりあえず「本格的に使えそうなので、真面目に使い込んでみよう」と思っています。


ただ、ハードの能力不足で話題の「Windows Virtual PC」が実行できないので、PC本体をなんとかしないとなぁ
W7_score

と、概ね満足な7RCですが、やはりエアロは私には馴染めそうにありません。Windowsはウィンドウが基本的な単位だと思うので、その輪郭がボヤケ(スケスケね/笑)ていると使い辛いんですよ。技術的には高度で面白いんでしょうが、同じパワーを使うなら別の部分に...とりあえず「Windows7ベーシック」にして使っています(^^)y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

Windows7 RC を試す(1)

Windows 7製品候補版日本語版がダウンロード可能になりましたので、早速試してみました♪

今回使用したPCは前回Windows7βを試したコイツです。

では、早速...

まずはダメと分かっていたものの、「アップグレード」(Win.7β→RC)を試してみた。が、エラーで中断!まぁ当然ですが。
Image_01err

では、DVD起動して「新規インストール(カスタム)」を実行するが
Image_02err

ファイルのコピーが終わり再起動したところで中断!おっと、これは予想外でした。
Image_03err

結局、HDDを全て消去(パーティションも削除)し、インストールは何事もなく完了しました。

ASCII.jp:これで安心! Windows 7 インストール完全ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

容量が不足しています(EeePC901X)

特に何に使うでもなく、でも小さいんで鞄に入れて持ち歩いているEeePC901Xですが、最近何かアップデートする度に「ディスクの空きが不足」と言って作業を放棄?するようになってしまいました。

あれこれとアンインストールしたり、XPの軽量化などを試してみたものの、さすがにOffice2007(SP2)とかIE8とか次々にやって来ちゃうと「だんなぁそりゃ無理でっせ」な感じなので、思い切って起動ディスクを増設(8GB)側に変えてみることにしました。

BIOSで変更可能だとは聞いていましたが、「標準搭載のSSD(MLC)では遅すぎて使えない」とも聞きます。
しかし高速大容量なSHD-EP9S16G(バッファロー)を購入するような余裕もなく「背は腹に変えられぬ」状況で、とにかく容量不足解決第一で作業に取り掛かりました。

既にいろいろとイジってしまったので、すっきりリカバリーして「0から」出発!

(1)素直に標準の手順でリカバリー(ここでは4GB側にシステムがインストールされる)
(2)増設(8GB)側にインストールされているアプリをアンインストールして、ディスクを空にする
  (Adobe Reader...、Inter Video...、Star Office...とか)
(3)Acronis True Imageで起動し、増設(8GB)側にクローンを作成する
(4)BIOSで「Boot Hard Disk Drive」の1stを増設(8GB)側に変更する
(5)再起動後に4GB側を空にする
(6)その後、XP軽量化などなどを行う

と、こんな感じでとりあえず起動ディスクは無事8GBになりました。

動作の方は、確かに「反応がちょっと遅い」ものの分かって使えばなんとか我慢できる(かな?)
まぁ、しばらく様子を見てみることにします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »