« Windows7βを試す(4) | トップページ | Google「コンピュータに損害を与える可能性」 »

2009年1月21日 (水)

VAIO type Pを触ってみた

話題のVAIO type Pを触ってみました。(文字通り触った程度ですが/苦笑)
場所は家電量販店。やっぱり話題のようで「これ目当てらしい」方々の姿が見られました。

で、私の第一印象は「でかっ!」です。
封筒サイズだ、ポケットサイズだと言うんでHP200LXとか、モバイルギアみたいのを想像(と言うか期待?)してしまったので、そのサイズがちょっと...

実寸大カタログで普通のキーボード、HP200LXと比べてみました。
(HP200LXは現実にポケットに入れて持ち歩いていたし、電車の中で立ったまま文字入力したり出来たので)
Pa0_0000

そして、画面の文字が「ちっちゃ!」。これは色々な所で書かれてもいたので覚悟はしていましたが、敏感すぎるポインタと合わせて(標準では)カーソル操作がかなり難しいことになってます。
(若い人向けだから?/苦笑)

個人的には「欲しいとは思えない」結果でした。

全体として未完成と言ったら申し訳ないが、D4もそうなんだけど将来(Win.7?)を見越したプロトタイプ的な印象を持ってしまうのは、私が古い人間だから?

持ち歩いて<使う>には大き過ぎ、置いて使うには画面が小さ過ぎ、小型軽量だったらXPだろっ!みたいなぁ

「type P2」に期待する!?

まぁカッコイイのは認める。かつての銀パソ=VAIOのように、自慢するには分かり易くて◎(^^)yイエィ♪

超小型「VAIO type P」は「Netbookではない」 ソニーの狙いは
これは理想の低価格ミニノートPCなのか!?——「VAIO type P」徹底検証
「VAIO type P」でWindows 7 日本語β版を走らせる

|

« Windows7βを試す(4) | トップページ | Google「コンピュータに損害を与える可能性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/43810415

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type Pを触ってみた:

« Windows7βを試す(4) | トップページ | Google「コンピュータに損害を与える可能性」 »