« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月22日 (火)

ウィルコムの新製品(WILLCOM D4)

「4月に新製品が出るらしい」て事で、心待ちにしていましたが、まさら「まんまPC」しかも「Vista」で出してくるとは驚きです。個人的な想像ではW-ZERO3後継をイメージしていたので、もっとPDA+携帯みたいな物かと...

第一印象は昔の「NECモバイルギア(Win.CE)」みたいで、ちょっと懐かしいっていうか、馴染み易いというか、でもVistaなんですよねぇ?

「Vistaでも許そう」な気持ちにもなるんだが、PCの危険性や不安定さも同じになってしまう訳で、「せっかくウィルコムなのに」という思いもしないではないが、うぅ〜ん悩ましい一品ですなぁ(苦笑)

これはPCなのかケータイなのか、それとも──「WILLCOM D4」が開拓しようとする新市場

ウィルコム、世界初のVista/Centrino Atom搭載通信端末「WILLCOM D4」
〜5型WSVGAタッチパネル/スライド式キーボード搭載

Centrino AtomでVistaが動くぞ! ウィルコムの新端末「WILLCOM D4」

写真で解説する「WILLCOM D4」(外観編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

Vistaはもう死んでいる!?

Service Pack 1の登場で希望の光を灯したかに見えるWin.Vistaだが、一方では「失敗」を結論つけるような記事も益々多く、早くも次期「Windows7」に注目は移っているかのようです。

いろいろな事が言われているVistaですが、やはり一番の問題はコノ記事(Vistaに見切りをつけたMicrosoft)にもあるように「人々がVistaを好きになれない理由の1つは、XPより遅いというだけでなく、基本的な操作を新たに覚えなければならないということだ。」でしょう。

マイクロソフトは見せかけの変化を追うあまり、Windowsそのものを見失ってしまったのではないだろうか?

またまた延びるWindows XPの寿命

Microsoftが超低価格PC向けにWindows XP Homeの販売期間を延長


そしてIntelからも、VistaあるいはWindowsに拘らない新たなPCが登場する。

Eee PCの例から考えるAtomの可能性

IDF Shanghai 2008 - Netbook/Nettopの詳細が明らかに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

2008年度スタート

今年も桜が満開の季節になりました。
さて、先日の「オンキヨーがソーテックを吸収合併へ - ソーテック24年の歴史に幕」というニュースに続き、今度は「マウスコンピューター、iiyamaを完全吸収合併」なのだそうです。

どちらも個人がパソコンを所有する時の大きな壁に貴重な選択肢を提供していただけに残念な思いがすると共に、PC自体がなんと安くなった事か!とも思うわけです。時代といってしまえばそれまでですが...

そして<まさに時代>といえるのがこのニュース「オープンから5年、iTunes Storeが米音楽小売り1位に」こんな日が来ると予測した人がどれだけいるでしょうか?

一方で、そうそう変われないぜ!なのがこちら「マイクロソフト、「Windows XP」提供期限を再延長」、先日発表の「Vista SP1」については、まだまだメーカー各社も情報提供がなく、どうにも動きようがない今日この頃です。

P3290022_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »