« どーなるDelphi?! | トップページ | Macの良し知らせと悪い知らせ »

2006年2月11日 (土)

フレッツグループを使ってみた

サポート先がフレッツグループを導入、当社APをネット経由で利用する為、開通に立ち合ってきましたが「とにかく悪戦苦闘」でした。
結果的な感想は「確かに繋がった」「安全なネットではある」「YAMAHAのサポートに助けられた」でした。
今回は開通後のAP設定のみが私の担当だったのですが、開通までが「長い長い道のり」となってしまいました(待ちくたびれたゾイ)
まず、NTTには導入段階で適切なサービス内容を選択できるように、お客様のネット環境を理解し助言してもらえるように期待したい。そして、もう少しスムーズに連絡がとれるようにお願いしますよ~
ベーシックサービスでLAN間接続(NTTは認めていないようだが)に、ルータ設定担当は相当苦戦してましたが、YAMAHAさんにはノウハウがあったようで助かりました。
それでも「ping」が一方通行だったり、「カスタマコントロール」が開けなかったりで「怪しい」感じは残ってしまいましたが、とにかく動くようになったので...ε=( ̄。 ̄;)

|

« どーなるDelphi?! | トップページ | Macの良し知らせと悪い知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/8605666

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツグループを使ってみた:

« どーなるDelphi?! | トップページ | Macの良し知らせと悪い知らせ »