« 2005年☆マイヒット | トップページ | 仕事始めと雪 »

2006年1月 3日 (火)

Vistaの前に

Winodws Vistaの登場を控えて、改めて昨年2005年で20周年を迎えたWinodwsをふり返ってみよう。(Windowsが生まれて20年かぁ。シミジミ)

私が初めてWin.に触れたのは多分「Win.1.x」である。ラップトップのAX機、画面はモノクロ液晶だったし、HDDなんか付いてないので、FDDでWin.を起動していた。アプリケーションソフトはなく、ただ画面がタイルウィンドウに区切られるだけで、既にMac.を見ている私としては、ただ「ふ~ん」と思うだけでした。まさかこいつに世界征服(ヲイヲイ)されようとは...(笑)

その後、Win.3.1が登場して「なんとか使える」ようにはなったが「DOSにWin.を被せている」という印象だった。APの方は「一太郎+1-2-3」vs「WORD+EXCEL」みたいな感じで、DOSからの「一太郎」派がやや優勢だったように記憶する。それでも、お仕事で本格的に取組むはまだ先の話。周りじゃ「業務用にはウィンドウが邪魔。これ取れないの?」なんて声も...(ウィンドウズからウィンドウを取っちゃったらアンタ...な時代でした/爆)

そして、あの「Win.95ブーム」である。こうして否応なしにWin.を取扱う事になった訳で。また、対抗馬として「OS/2」「Mac」も注目されていたし、期待もされていたが、結局「自滅」。Win.の独走を許してしまったと。
「95ブーム」ではありましたが「業務用には安定性!」って事で(チマチマとしたバージョンアップがあったり、DOS時代からのマニアックなテクニックとかカナリ流行りましたね)、私は「Win.NT4.0」の方が付き合いが長くなりましたので、「98/98SE」特に「Me」はほとんど触ってません。(NTは動いている時は安定してるんですが、一度おかしくなるとブルースクリーンで私も青くなってました。今でも青い画面は苦手です/苦笑)

2000年を迎え「9x系の使い易さ(いい加減さ?)」と「NT系の安定性」を統合した「Win.2000」で一本化!の筈だったのにぃ~「XP」まで先送りになりました。

ケバい「XP」はどうも好きになれず(Mac使いにはWinのデザインってドギツイんですよ)と言ってる間に「Vista」がやって来そうです。

Windowsの20年 - その足跡のすべて、そしてVistaへ

|

« 2005年☆マイヒット | トップページ | 仕事始めと雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144058/7975263

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaの前に:

« 2005年☆マイヒット | トップページ | 仕事始めと雪 »