« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土)

W-ZERO3:益々ご清栄のことと...(^o^)

W-ZERO3:ようやく店頭でも実物を触れるようになって「大分落ち着いてきたかな」「そろそろ買い頃かな」と思っていたら、新しい色が出るって言うじゃありませんか!!高速化や値下げなどまだまだ賑やかで、楽しいなぁ♪

フォトレポート:ウィルコムに新色W-ZERO3や高速化したW-OAM端末が登場
ウィルコムのW-ZERO3に新色が登場、3月までに15万台出荷へ
ウィルコム、32kbpsの料金プランを64kbpsに高速化
ただの“大きな電話”じゃないから! ウィルコム『W-ZERO3』導入記~最終回~
超小型ケータイ通信モジュール “W-SIM”搭載!「W-ZERO3」の真髄 (特集)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボットの寿命

ソニー「AIBO」の歴史に幕--7年間に全世界で15万台

今のところ、ロボットと言えども「製品寿命」とは無関係ではいられないようであります。これからの発展・期待分野で進歩以外ないのかと思っていましたが、「商売」とは厳しいものであります。

ソニーについて言わせてもらえば、βについては古い話なんでもう諦めてますが(我が家では昨年末修理を受けて動いてますが)、CLIE(Palm)は結構ショックだった(まだNR70使ってますがW-ZERO3に変わるのも時間の問題?)ので、更にAIBOって!結局本業はテレビ・ラジオだったって事なんだね?!

ソニー、AIBO、QRIO、QUALIA撤退~VAIOなど好調で決算は増収増益
ソニー、ロボット事業から撤退--ウォークマンの国内生産も中止
ソニー「QRIO」新規開発を中止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

ドコモだけ?

ドコモ、QWERTYキーボード付きのWindows Mobile端末を投入てな記事が出ておりました。
記事中では「また今回の端末について、元になるモデルはない。現在開発中」(ドコモ広報部)と言うことだが、これはドコモの「W-ZERO3」なのか?

<1/28追記>
ココには「台湾HTCが開発したUniversalという機種がベースになったOEM機」なんてのが出ているが、やっぱこんな感じになるのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へぇ~意外とやるじゃん!

Macネタでは、あまり「シェア」だ「売上」だで話題にすることは少ないように思うのだが、こりゃかなりマジで好調みたいね。

IntelMacでさらに加速するのか?!

アップルの「iWork」が躍進--米小売市場での販売数で第2位に
ロータス、Mac版「Notes」の強化を計画--Macのシェア拡大を受けて

オープン化と革新が加速、Hannoverで新境地を開くNotes/Domino

こちらの話もマジのようで...
[速報]ディズニー、ピクサーを買収へ--70億ドル提示、ジョブズは取締役に

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月23日 (月)

ジョブズに新たな“力”

あのDisneyがJobsを必要としている?あっPixarですか?(笑)
ただ記事中にも「アニメーションはDisneyの心と魂の中にあり、そして今後も存続する」とあるように、DisneyにはDisneyのアニメってものがあると思うのだけど、それは昔の話なんでしょうか?

DisneyのPixar買収、決定は1月23日?
[WSJ] Disney、Pixar買収に向け本格交渉
ディズニーによるピクサー買収、交渉が本格化--WSJが報道

「買収」と言えば、今、日本で(海外でも?)大騒ぎな「ライブドアショック」...
えっ逮捕ですか?!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

W-Zero3って結局

ようやく店頭で実物を触る機会を得た[W-Zero3]ですが、第一印象は「これは一体何者と表現したら良いのだろう?」でした。その機能から「欲しい」事に変わりはないが、気持の中でピタっと収まる場所がないっていうか...

こちら(ようやく購入)の「PDAとしてはこなれてないし、Windowsとは似て非なる存在、ましてや電話とも言い切れない何か。」に、思わず納得。

“他の”記者に聞け! あなたは使いこなしてますか? ウィルコム『W-ZERO3』導入記~その3~


追記(1/23)

PSPでテレビが見られる! 開発者責任者が語る、ソニー「ロケーションフリーテレビ」の魅力という記事の中に「W-ZERO3でLFTVを楽しめたらどんなに幸せだろう」なんて言葉が出てくるんですが、ウンウンそ~思いますアタシも。で、ついつい「iPod」に置き換えて考えてみたりする(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

昨年のウイルスは愉快犯から泥棒へシフト!?

昨年のウイルスは愉快犯から泥棒へシフト!? トレンドマイクロが2005年のレポートを発表

腕自慢(技術優先)的なものから金儲け主義に?セコくなったって事かぁ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Intel-Mac続き

あまりに普通にMac(PowerBook)なので、ちょっと意外な感じもしたのだが(Intel入ってる。てだけでなんだか「その他」と同じようになっちゃうんじゃないかと...)、ACコネクタ「MagSafe」とか「言われてみれば確かに安心かも」といった気の利いた作りを取り入れるあたりが「やるな~」である(^^)

Macworld Expo 2006開催--Intel Mac時代が幕開け

写真で見る「MacBook Pro」

現行PowerBook G4より4~5倍速い!アップルがインテル製「Core Duo」搭載のノートPC「MacBook Pro」など発表


それからコッチの話(、「米MicrosoftIntelMac用Virtual PCもリリースしたい」)も大いに期待したいところである。お仕事上嫌でもWinodwsとはお付き合いするので、Intel搭載でパフォーマンスが大幅アップ!すれば、Macに居候させてやっても「くるしゅ~ないゾヨ」(笑)

今もiBOOK(G4)の中にはWin2Kがいるのだが、あまり起動したい気分にならないのよ。


MacWorldでジョブズが語ったIntel Macの一部始終

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月11日 (水)

MacはMac!

ついに出ましたネ、IntelMac(^o^)
とにかくスッゲー速いらしい。薄いらしい。Intelが入っていても<MacはMac>、「Intel Inside」ロゴもなくってスッキリと<Mac>です。Jobsがあんなシールをペタペタ貼るのを許す筈もないが...
ノート「MacBook Pro」の方は予想どおりって感じでしたが(名前が変わっちゃったのは仕方ない?!)、iMacがIntel搭載のトップバッターでしたね。こちらは皆さん意外だったかな。
ハード的には期待に応えてくれましたから、後はソフトの充実って訳ですが、登場が前倒しとなってこちらもイイ方に向かってくれるように祈りたい。
Appleにしては珍しく慎重?で、当分はPowerPC版も継続するらしいから、多少機種が混乱するかもな。

今年は「30年目のサプライズ?」なんてのも期待してイイですか?

「4倍速い」MacBook Proと「2倍速い」iMacがIntel Core Duo搭載で登場
S・ジョブズ、Macworldで基調講演--「新しいIntel Macは『撃速』」
Apple、Intel Core Duoを搭載した「MacBook Pro」と「iMac」を発表

Macworld Conference&Expo開幕速報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

仕事始めと雪

2006年トラブルシューティング始めは西伊豆から。
伊豆半島は山越えルートがチェーン規制でアウト!(南国?静岡育ちはチェーンなんて使えませんからっ)ひたすら海岸線に沿って、戸田ー土肥経由で西伊豆へGo。

P013s
戸田港では海の向こうに朱色の鳥居が。なんだかアリガタイ風景です(^^)

そもそも苦労の始まりは、アプリケーションは何事もなく動作していたのにSQLserver6.5(まだ動いてます)のバックアップでイキナリ「msdb壊れてます」って( ̄▽ ̄;)!!なにこれ〜

とりあえず、冬休みの宿題は無事に完了。今年もこんなで始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

Vistaの前に

Winodws Vistaの登場を控えて、改めて昨年2005年で20周年を迎えたWinodwsをふり返ってみよう。(Windowsが生まれて20年かぁ。シミジミ)

私が初めてWin.に触れたのは多分「Win.1.x」である。ラップトップのAX機、画面はモノクロ液晶だったし、HDDなんか付いてないので、FDDでWin.を起動していた。アプリケーションソフトはなく、ただ画面がタイルウィンドウに区切られるだけで、既にMac.を見ている私としては、ただ「ふ~ん」と思うだけでした。まさかこいつに世界征服(ヲイヲイ)されようとは...(笑)

その後、Win.3.1が登場して「なんとか使える」ようにはなったが「DOSにWin.を被せている」という印象だった。APの方は「一太郎+1-2-3」vs「WORD+EXCEL」みたいな感じで、DOSからの「一太郎」派がやや優勢だったように記憶する。それでも、お仕事で本格的に取組むはまだ先の話。周りじゃ「業務用にはウィンドウが邪魔。これ取れないの?」なんて声も...(ウィンドウズからウィンドウを取っちゃったらアンタ...な時代でした/爆)

そして、あの「Win.95ブーム」である。こうして否応なしにWin.を取扱う事になった訳で。また、対抗馬として「OS/2」「Mac」も注目されていたし、期待もされていたが、結局「自滅」。Win.の独走を許してしまったと。
「95ブーム」ではありましたが「業務用には安定性!」って事で(チマチマとしたバージョンアップがあったり、DOS時代からのマニアックなテクニックとかカナリ流行りましたね)、私は「Win.NT4.0」の方が付き合いが長くなりましたので、「98/98SE」特に「Me」はほとんど触ってません。(NTは動いている時は安定してるんですが、一度おかしくなるとブルースクリーンで私も青くなってました。今でも青い画面は苦手です/苦笑)

2000年を迎え「9x系の使い易さ(いい加減さ?)」と「NT系の安定性」を統合した「Win.2000」で一本化!の筈だったのにぃ~「XP」まで先送りになりました。

ケバい「XP」はどうも好きになれず(Mac使いにはWinのデザインってドギツイんですよ)と言ってる間に「Vista」がやって来そうです。

Windowsの20年 - その足跡のすべて、そしてVistaへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »