2016年8月23日 (火)

今更のWindows10アップグレード(2)

W10_aniv_0

・Windows10へのリカバリ失敗
・Windows7から最新Windows10へのアップグレード失敗

では。って事で、以前成功した手順を再現する事にしました。

・Windows7にリカバリして事前準備
 (パーティションとかカスペルスキー、VMWare削除とか)
・当時作成(2015/07)のDVDでアップグレード→当然成功
W10_aniv_1

・カスペルスキー、VMWareを再インストール
・WindowsUpdateを実施

・最新(2016/08)のDVDでアップグレード
W10_aniv_2

W10_aniv_3

無事に最新版Windows10になりました。で、本題はここからです。

やはりVMWare Player 12のネットワークは使えません。まぁ原因(vmware bridge protocolを消失している)は何度か経験しているのでなんとなく察しはついているのですが、問題は解決できるか?です。
◆やっぱり、もう一回。Windows10アップグレード。5回目

しかし今回は単純に追加インストール出来て解決しました。(最後はアッサリだな/苦笑)
W10_aniv_4


結論、やっぱりWindows10へのアップグレードは止めといた方が良いです!(Windows10自体が悪い訳じゃないので、必要ならWindows10のPCを買った方が良いと思うよ)


■Windows 10大型更新、一部でパーティションが認識されない不具合 | マイナビニュース
■Windows 10フリーズ問題を解消するはずの修復ツールが原因でさらなる別の不具合発生 - GIGAZINE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

今更のWindows10アップグレード(1)

W10_err1

押売りキャンペーンが終了しようやく落ち着くかと思ったら、今度はアニバーサリー攻撃開始とか?
アップデート自体のトラブルやらアップデート後のトラブルとかがある為、無料期間にアップグレード後Windows7に戻したPC(回復機能ではなくキチンとリカバリした)で作業を始めたものの思った以上の大苦戦となりました。

・対象機器:AcerASPIREone752
 (Celeron SU2300/RAM=2GB/SSD=128GB)
・OS:Windows Home 64bit

まずは前回Win10にアップグレードした時のTrueImageによるバックアップを戻したのですが、起動時に「自動修復」となり、全く操作できません。エラーでもないし...

修復ディスクで起動して初期化を実行してもダメ。
W10_err2

とにかく何も出来ないので、再びWin7にリカバリしてやり直しです。

では、最新のWindows10へのアップグレードはどうなんだろう?一度はアップグレードして認証されているので権利的にはそのままで可能な筈。

んが!オンラインで<今すぐアップグレード>しようが、DVDに焼いてから実行しようがダメ。延々と更新プログラムをチェック中(3~4時間待ってみたが進む気配なし)
W10_err3

仕方なくキャンセルすると、今度は延々のクリーンアップという...結局強制終了。
W10_err4

これで2日間くらいかかりましたから(はぁ)

熱中症で倒れそうだぁ(苦笑)

続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

早速Windows 10 Anniversary Updateを入れてみた結果

W10_av1

■Windows 10 Anniversary Update配信開始。今すぐ入れたいなら手動アップデートで - Engadget Japanese

て事なので手動でやってみました。ダウンロードして最初の再起動まで約25分。完了までは約50分てとこでした。
W10_av2

で、結果。回復から前ビルドに戻しました。とさ(苦笑)

メジャーアップデートて事で、思った以上にいろいろ影響ありそうです。ざっと見ただけですが
W10_av3
・セキュリティ関係(通知あり)→再起動したら自然復旧したっぽいが
・IEの互換性設定が消えた→設定し直し
・VMVareのネットワーク使用不可

あんまりイジってしまうと回復不可になる可能性が大きくなるので今回は素直に(?)即行で戻しました。(いつも思うのだが5分程度で戻っちゃうって何やってるんだろうね?)

とりあえずは現状維持ですが近いうちにアップデートされちゃうんだよねぇ?(はぁ)

■Windows 10 Anniversary Updateが公開、企業はすぐ導入すべきか? - ITmedia エンタープライズ
■Windows 10 Anniversary Update を 8 月 2 日(火)より提供 | News Center Japan
■Windows 10 Anniversary Updateの全容とは? 進化したUIと新機能をプレビュー版から探る | できるネット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

スマカメ「QR20」を買ってみた

Img_0948

2014年8月に購入した「QR10」ですが、SDカードの不具合続きで昨年末には録画機能を諦めています。
◆2015年を振り返る。

今回、「QR10」に対して暗くても見える、広い範囲が見えるらしい「QR20」を買ってみました。
・暗視撮影(最低被写体照度):200 Lux→0 Lux(赤外線LEDオン時/白黒/距離6m)
・画角(水平):53.2°→70.6°

価格差を考えても「QR20がお薦めだな」というのが個人的な感想です。

仕様的により魅力的な「スマカメアウトドアCS-QR300」もありますが、お値段違い過ぎ(QR20の3倍以上)で手が出ませんでした。

と思っていたら、新製品「スマカメムーンライトCS-QR220」なんてのが出ました!お値段はQR20の倍近いのですが「赤外線照射なく月明かりほどの光でカラー撮影が可能」だそうで、画角(水平)も「99°」と広く、かなり欲しい♪

QR20の暗視(ナイトビジョン)ではレンズ周辺の赤外線LEDが相当に気になりますからね。
Img_0954

で、結局QR20はどうなのかと言えば基本的な部分はQR10を引き継いでいそうなので「SDカードへの録画は大丈夫なのか?」しばらく使ってから評価したいかな?て、とこです。

ちなみに今回のSDカードはコレ↓
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済 TS32GUSDHC10E (FFP)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

詐欺広告「ハッキングの試みがあなたのWindowsPC上で検出されました...」

Ms_err_virus_w7a

例によってWEBをウロウロしていると突然にこんなん出ましたぁ。

WEBページで「(5)のハッキングの試みがあなたのWindowsPC上で検出されました...」とかなんとか。「(5)のハッキング」て何だろね?

同時にポップアップでも「Microsoftはお使いのWindowsPCに過去25分間の間にいくつかのハッキングの試みがあった...」とか、「待って下さい!!」の必死さには笑うしかないっす。

Ms_err_virus_w7c

Ms_err_virus_w7d

OSのアップグレードですら、コソっと侵入して唐突に実行しようっていうのに、御丁寧な説明とか必死の引き留めとか、どうみてもMicrosoftじゃないよね?(笑)

つまりは<無料ドライバアップデートを入手>をクリックして、ウィルス的な物をインストールしないさいよ。て事ね?

これ実行したらセキュリティソフトでガードされるのかなぁ?とか興味をそそられるとこではありますが(ヲイヲイ)面倒なので放置で!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

ディスプレイのスイッチ陥没。直してみた。

Img01_0931

BenQ-G700Aの電源スイッチが陥没したままになってしまった。電源は入るが画面に「自動調整中」が出たり消えたりみたいな。

とりあえず実際のスイッチをカバーしている部品をなんとかすればと思い分解。と思ったら、なんだかキッチリ過ぎて何処から手を付けたものか???

コチラ(↓)の記事が役に立ちました(感謝です)
■親父のディスプレイのスイッチが壊れた - BenQ G2400WD | すぐに忘れる脳みそのためのメモ

で、思い切って開けて行くと、赤いパーツが転がり落ちて来ました。
Img02_0934

なんか面倒な形をしているので良~っく眺めてみると、本来はパネル側に固定されているべき物だと判明(矢印の2か所)
Img03_0932

そして、このパーツがないと電源ON/OFFが難しそう(前述のブログ主さんは「細い棒で」頑張ったようですが)なので「再び壊れるのは時間の問題」と覚悟の上で直して見る事にしました。

今回パージ自体は破損していないので、パネル側に固定(接着)出来れば良いのですが、さすがに接着剤で付けただけでは心もとないので、とにかく接着面を増やす為にプラ板と言うかプラ柱というか、そんな感じの物を用意して貼り付けてみました。
Img04_0939

効果のほどは疑問ですがオマジナイって事で(笑)

ディスプレイって電源スイッチが壊れるの多いなぁ。長く使い過ぎなのか?買い替えるとなると今後を考えてHDMI対応とかも欲しいし、しばらくこれで頑張りながら考えましょ。

ちなみにコイツは先日買っちゃいましたなGW2255HMと一緒にデュアルモニターのサブ用として使ってます。


<追記>
突然「自動調整中」が発生する症状は変わっていない。いきなり始まり、気付くと治まっている。回路基板あたりに問題がありそうな気はするが、面倒なのでこのままって事で...(ほとんどの時間は普通に使えているしな)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

Mac mini(2014)買っちゃいました(5)

Mac_5_1

これにて無事に新Mac mini(2014)への移行完了。かと思いきや、なんだかバックアップが動作中のままと言うか終わらない?

中身をチェックすると移行後のバックアップが取れていないので実行中のバックアップをキャンセルして再度実行してみるが「準備中」のままで進まない様子。

その後あれこれイジってみるが変わった様子はない。バックアップ量は約21GB。う~ん、待つしかないのか?

開始15分時点で「残り時間は?」と見ていると、減るどころか増加して「17時間」とか(はぁ)それでも地道に進んでいるようではあるので待つ!(苦笑)

結果、約7時間半掛ってバックアップ完了です。
要は本体を変えての最初のバックアップだから時間がかかったって事らしい。

■OS X El Capitan: Time Machine が「準備中」段階のままになる場合


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

Mac mini(2014)買っちゃいました(4)

Mac_4_2

GW2255HMとHDMIケーブルが到着して早速接続です。予定通りMac(HDMI)/PC(VDI)を切り換え出来ます。
画面は事前情報通りかなり眩しい感じなのでネット上での設定例などを参考に調整して様子を見ます。

設定項目にある[HDMI自動切換]が気になりましたが、コイツを「オン」にすると何かと便利な事が分かりました。
Mac_4_4

(1)Macをスリープし、PC切換器でPC(VDI接続)に切り換えると、PCが動作中なら自動的にVDI入力に切り換わります。

(2)PC切換器でMacに切換え(USBは繋がっている)、Macが復帰すると自動的にHDMI入力に切り換わってくれます。

(3)Mac/PC両方が起動中に、PC切換器でPC(VDI接続)に切り換える場合、本来モニタのキーで[HDMI]→[D-sub]→[DVI]と3プッシュ必要ですが、D-sub未接続の場合は[HDMI]→[D-sub]とするだけで自動的に[DVI]に切り換わります。

(4)Mac/PC両方が起動中に、PC切換器でMacに切り換えると自動的にHDMI入力に切り換わります。

切換え時は少々時間が掛かりますが、スイッチでの手動切換えが予想外に少なくて済みそうなのはアリガタイです。

こんな感じで「Mac miniと一緒に液晶ディスプレイも買っちゃいました」になっちゃいました。とさ、チャンチャン♪(て、お財布がぁぁ/苦笑)


実は、まだ続く...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac mini(2014)買っちゃいました(3)

Mac_3_0

PC切換器が使えないのはマイッタ。そもそもMac miniを選んでいる理由がそこなのに!

ググってみるとMacのHDMI端子だとダメでも、Thunderbolt(Mini DisplayPort)端子だと大丈夫という情報を見つけたので試してみましたが、結局、切換器を通すとダメでした。これで変換アダプタが2個無駄にぃ(泣)
Mac_3_1

PC切換器を変更しようかと調べてみましたが、HDMI切換器だとTVやGame等の画面だけを切り換える物ばかりでPCを対象にして(USB等も同時に切り換える)しかも3台以上対応可能な物は見つけられず、いよいよ追い込まれちゃいました。いつになったら新Macを使う事ができるのやら(はぁ)

とにかくMacはHDMIで直接繋ぐしかないのでHDMI接続のモニタを用意するしかない!まずはTV代わりに使っているRDT233WX-Zでテスト(改めてコイツは綺麗だし入力いっぱいあるし)して、キーボードとマウスはUSBなので既存の切換器を利用するって事で、こんな感じ(↓)の接続に行きつきました。
Mac_3_2

切換操作がPC切換器とモニタ入力切換の2ステップですが、まぁ仕方ないです。なんとか従来相当の機器構成に収まりますから。つまり、新しいモニタを買わなければっ!(嬉しい♪じゃなくて、予定外の出費がぁ~)

とにかく安いヤツ。でも自分なりに納得いくヤツ。て、事で使用経験のあるAcer、BenQ、I-Odataあたりに絞り、ポイントとなったのは「入力切替のしやすさ」です。毎度メニューから選んでぇなんてやっていられないので、ハードスイッチで操作できるヤツ。

すると、コチラさん(↓)がMac(miniじゃないけど)で使ってるよの記事を見つけてBenQのGW2255HMに決定。AVパネルは初めて使いますがTNパネルより綺麗らしいので期待しましょう。
■格安ディスプレイで作業効率化!デュアルディスプレイのススメ

さぁいよいよMac mini(2014)は動き始めるのだろうか。

続く...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

Mac mini(2014)買っちゃいました(2)

Mac_2_1_2

アップルでポチ♪して翌日には到着。早い!梱包シンプル!!

では早速、旧Mac mini(2009)から新Mac mini(2014)にデータ移行します。
今回はTimeMachineからの移行で、コチラ(↓)などを参考に準備済みです。
■旧iMacから新iMacへ、Time Machineからデータ移行してみました : 徒然なる大学生のとあるブログ

旧MacはPC切換器(REX-430UDA)に接続していたので、「HDMI変換プラグ」を使って単純に新Macにつなぎ換えて電源ON。ん?...映らない!!!
Mac_2_2_2

モニター、キーボード、マウスを直接接続すれば問題ないようなのでとりあえずそのまま作業を進めます。

そして、移行完了か?と思った頃に、さらにトラブルです。「アプリケーションを実行するためにライブラリの修復が必要です...パスワードを入力」これは一体なんでしょう。とりあえず旧Macのユーザ/パスワードとかiTunesのとか入れてみましたが全滅です。なんだよぉ~(汗)
■アプリケーションを実行するためにライブラリの修復が必要ですというメッセージ | コミュニティ

お手上げなので<キャンセル>して先に進むことにしました。
移行終了後、続けてアップデートを行い、約2時間半で移行作業は完了です。
Mac_2_3

さて移行データを確認しておきましょう。と、ここで気付いたのですが「写真」のライブラリがある外付HDDは移行作業中には接続しておらず、アプリを起動すると当然「ライブラリが見つからない」と言う事になる。って事は、さっきのアレはこの事だったのかも。確認は出来ないが、そう考えれば納得がいくのでそーゆ―ことで(て、それでイイのか?/笑)

ドックのiWork関係のアイコンが「?」になっている以外は無事に元通りになっているようです。
Mac_2_4

iWorkの各アプリはアプリケーションから開けばちゃんと動くので表示だけの問題のようです。この辺はライセンス(?)の問題なのかもな(iWorkは2013/10/01以降購入Macなら無料になった)

アプリ以外にもTimeMachineのバックアップを引き継ぐ確認等もありました。
Mac_2_5

これで、新しいMac mini(2014)が使えるようになったのですが、最初の問題に戻ります。PC切換器が使えない!
Mac_2_6

続く...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Mac mini(2014)買っちゃいました(1)